顔出しのトラブル

顔出しの可否を決めるのは女の子の権利です。家族バレや知人バレを気にして、顔出しNGとする女の子もいると思います。しかし、お店側との連絡の行き違いなどが原因で、インターネットや雑誌に顔出しされてしまうケースも少なくありません。

デリヘルに対して顔出しNGを伝えない場合、お店側は顔出しOKと判断します。女の子からすると、「顔出しをしないのは当たり前」と思うかもしれません。しかし、お店側はNGと明言されない限り、女の子は顔出しを許可したものとみなします。風俗求人を見ると「顔出しNG歓迎」と記載しているケースも多いのですが、契約前にきちんと伝え、その旨を契約時に確認しておきましょう。

「普段働いていないお店だから、顔出ししないとお客様が来ない」と理由で、出稼ぎ先のお店から顔出しを強制されたというトラブルは少なくありません。また、こちらの場合も明確に顔出しNGと伝えないと、雑誌やインターネットで顔出しさせられてしまいます。

自分とわからない程度に修正した写真を掲載し、本人であることがバレなければよいという意見もあるかもしれません。しかし、修正しすぎると今度はお客様とトラブルになってしまいます。

顔出しNGでも稼げる風俗求人はあります。今回ご紹介したようなお店の言葉に惑わされてしまったり、強い口調で強要されたりして顔出ししたり、あるいは修正しすぎでお客様とトラブルになったりしないようにしましょう。